トップへ戻る

京創舎Blog

日記
2019年08月28日(水) #スタッフ日記  #ミカミ日記 
  
   

新スタッフの三上です!

   

はじめまして、新スタッフの三上 由香利(みかみ ゆかり)と申します。

8月から京創舎スタッフとして「火・水・木」に勤務しております。どうぞよろしくお願いいたします!

今回は皆さんにちょっとでも私のことを知っていただければと思い、自己紹介を書かせていただきました。ぜひぜひ、ご一読いただけると幸いです◎

元美容師のフリーライター

現在私はフリーライターとして活動しています。主なジャンルは「まちづくり」「移住」「採用」などなど。京都では京都移住計画さんのHPにて「コラム・場を巡る」や、meets local~ミツカル~でのイベントレポートなどを担当させていただいています。また、大阪のベンチャー企業で採用の仕事をしていた経験を生かし、採用に関する記事の作成も担当しています。

現在はフリーライターとして記事の執筆が主な仕事ですが、それより以前は美容師をしていました。「美容師になりたい!」と高校卒業と同時に生まれ育った三重県を飛び出し、名古屋の美容学校へ。そのまま名古屋市内でヘアサロンに就職をし、10年ほど美容師をしていました。

10250331_651814281613827_2507900055298941074_n.jpg

でも美容師といっても私の場合、 "カットをしない" 美容師でした。「ヘアカラーリスト」というヘアカラーを専門にした職種で、肌の色、目の色、元々の髪質などからその人それぞれの「パーソナルカラー」を導きだし、ヘアカラーを提案・施術する仕事でした。

美容師の仕事は大好きだったのですが、体調を崩し、「このままでいいのかな?」「自分はどうしたいのかな?」と自分の進む道を考えた時に、思い浮かんだのが「新天地での挑戦」でした。住み慣れた名古屋を離れ、今とは違うことに挑戦してみたい。そう思った私は大阪へ。知り合いがほとんどいない環境からスタートし、自分に何ができるのかを模索する日々が続きました。

旅する編集学校での出会い

そんな日々の中で、たくさんの出会いがありました。最も大きかったのは「旅する編集学校」での出会いです。京都の まちとしごと総合研究所が主催したこのワークショップは、" 旅先でも活かせるスキルを学びながら仲間と出会い、地域の情報を編集して届ける " というテーマのもと、和歌山県のある地域へ実際に赴き、その町の人たちの思いを記事にするプログラムでした。

26805127_1652480791485839_5805506536304088477_n.jpg

このワークショップに参加し、記事を書く楽しさ、記事を届けた人たちのよろこぶ様子、一緒にそれらを体感した仲間と過ごした時間を経て、私の中で「ライターになりたい」という気持ちがふつふつと沸いてきました。そのことをきっかけにライターを目指し、勉強を重ね、今に至る...という訳なんです。

大きな出会いによって「ライター」という道を選んだ私ですが、まだまだ今も発展途上。編集学校で出会ったライターの先輩方や、ご縁をいただいてお仕事をさせていただいている方たちによって成長させていただいています。京創舎でもたくさんの方たちと出会い、自分の幅を広げていきたいと思っています。

ちょっと長くなりましたが、私の自己紹介はこれまで。これからは京創舎の素敵なメンバーさんや、イベントについてどんどん発信していきたいと思います。ぜひ、これからもよろしくお願いいたします~!