ページの先頭へ戻る

京創舎Blog

日記
2020年10月03日(土) ##スタッフ日記  ##川原日記 

京野菜で季節を楽しむ

こんにちは。スタッフ川原です。

東京から京都府に越してきて気がつけば、約9ヶ月がたちました。

京都に住んで楽しいことの一つは、スーパーで売られている京野菜や、

関東では馴染みのなかった食材を楽しむことです。

先日初めて知った「柊野ささげ」。

旬は7月−9月で、

京都では、上賀茂の1軒の農家でしか作られていない野菜だそうです。

お盆に仏前に備える風習もあるようで、8月半ばには、お盆の御供物を集めたコーナーに売っていました。

参考: 京の旬野菜図鑑

私は、胡麻和えや、肉味噌炒めにして食べてみましたが、美味しかったです。
719199E5-491B-4016-8B0B-C8728CD4E766.jpeg

夏の間、登場回数が多かったのは、万願寺とうがらし。

とうがらしといいつつ、タネもそのまま使え、辛くないのが特徴。

ちりめんじゃこと合わせて炒めて、常備菜にし、お酒のおつまみやお弁当の具にしています。

旬の野菜を意識すると、細やかな季節の移り変わりを感じ、暮らしが豊かになりますね。

みなさんの、京都産野菜のおすすめあったら教えてください!

 運営者情報:株式会社八清
 © 2016 Hachise Co. Ltd.