トップへ戻る

京創舎Blog

日記
2018年10月09日(火) #スタッフ日記  #新原日記 
  
   

はじめまして。スタッフの新原です。

   

はじめまして、スタッフの新原(にいはら)と申します。
京創舎へは今年の8月からスタッフをしております。

私は、普段は京都を拠点に演劇をしています。

演劇をする、と言っても、役者として舞台に立ったり、脚本を書いているわけではなく、広報や経理、企画の立案など、プロデューサーとマネージャーの中間とでもいうような仕事をしています。
(演劇用語では、「制作」と言われる役職です。)

manager_man.png

所属の劇団もありまして、その団体の本番が来月11月の終わりに迫っており、
近頃はその準備やらで少々忙しくさせて頂いております。
劇団なかゆびという名前でやっております。もしご興味ありましたら観に来てくださいませ。)


京創舎スタッフに応募したきっかけは、コミュニティ作り・場所作りへの興味からです。
演劇に携わる中で、アーティストのためのネットワークを作りたい、場所をベースに活動していきたい、
と思うようになりました。
それらを実践・実現していくためにも、まずは「コミュニティ」や「場所」について知らなければ、と思っていた頃、
たまたまFacebookで京創舎のスタッフ募集の記事を見つけ、ここでなら勉強ができるかも、と思い、応募しスタッフとして勤めることになりました。

京創舎が掲げるコミュニティや暮らしといったものは、演劇だけでなくすべての文化に通ずるものだと思っています。
まだ「暮らしと演劇」の答えは分かりませんが、皆様との交流の中で見つけられたらいいな、と思っております。
どうぞこれからよろしくお願いいたします。

京創舎スタッフ 新原